NEW ARTICLE >> 2018.06.01 LINE@トーク(チャット)/メールカウンセリングのご案内

DISTANT HEALING

無償でDistant Healing(ディスタント ヒーリング)を行っています。

私のDistant Healingは聖母マリアとラフェルの力を介し行いますが、とてもパワフルで高いEnergy(エナジー)のため、ご依頼者様自身の受け入れ体制ができていないとスムーズにいかないことがあります。

そのため、Disrant Healingを行う際はご依頼者様と縁の深いスピリットにサポートをいただき、ご依頼者様の受け入れ体制ができるよう実際に働きかけていただきます。

これは、高次元すぎる存在が介入できない部分があるためです。

Distant Healingをお受けいただく際には、事前に入浴を済ませるか、入浴のできない方は身体の清拭をしていただき身体を清めていただくと、より効果的です。

最も、清潔なお部屋であることがベストなのですが、病室やどんよりとしたお部屋、片付けが難しいときなどは、ホワイトセージとできればクリスタルチューナーで浄化をしてください。

清潔なお部屋であっても、Healing Energyの通りをよくするためホワイトセージとクリスタルチューナーで浄化していただくと、より効果的です。

浄化グッズがない場合は、朝のうちに換気をしてください。

Healingをお受けいただく際には、アロマディフューザーや加湿器を使用していただいても構いませんし、ヒーリング・ミュージックをかけていただいても構いません。

アロマを焚く際には、フランキンセンスをブレンドしていただくと効果的です。

ただし、音楽は歌詞のないものにしてください。

また、スマートフォン、パソコンなどの電子機器は電源をお切りいただき、身体の半径2m以内に置かないようにしてください。

これは、電子機器に異常が出やすく、壊れやすくなるためです。

実際に、家族の使用している機器に異常はでなくても、私の使用している機器はインターネットになかなか繋がらない状態になります。

Healing時間の5分前になったら、お水を200ml飲み、静かな暗いお部屋で目を瞑り仰向けになり、リラックスして全身の力を抜いてお待ち下さい。

その際に、呼吸は腹式呼吸で鼻から息を深く吸い、口をすぼめ少しづつ吐き出します。

この呼吸を続け、身体を整えてください。

そして、頭のつむじあたりに、光のチューブが入り、そのチューブが頭から股まで通っているイメージで、その光がそれぞれ全身を巡り両手足の先まで突き抜けていくようなイメージも持ってください。

お時間になりましたら、10分間Healingをお送りします。

Healing Energyは両足の裏、両手の平、頭頂から温かい光が入ってくるイメージをしていただくとわかりやすいかもしれません。

大切なのは、宇宙からEnergyをいただくようなイメージで、聖母マリアやラファエル、スピリットなどを意識しない方が上手に受け取れます。

Distant Healingを受けていただく際に最も必要なのは信頼です。

絶対的な信頼をいただければ、実際に末期癌や危篤状態から快復をした方々もいらっしゃいます。

しかし、私やこのDistant Healingについて不信感がある場合は、そこまでの効果が現れるかはわかりません。

病気や精神的なこと以外にも、縁結びに応用が効くシチュエーションがあります。

ただし、悪縁であった場合、縁が切れてしまいますのでご了承ください。

ご依頼はコチラ >> CONTACT